bgs投資の特長

口コミ・評判

新型コロナウイルスは、日本国内だけでなく、世界中の経済に対して大きなダメージを与えています。そのため、ボーナスがカットされてしまったり、残業などが出来なくなってしまったために、お給料が激減してしまったりして、苦しい生活を余儀なくされている方も増えてきました。そういった方は、本業に支障がでない範囲で収入を得ることができる投資に興味を持ち始めています。

bgs投資の特長


投資の世界でいま最も注目されているのがbgs投資という投資です。こちらの投資は、App StoreやGoogle Playのようなスマートフォン向けのゲームプラットフォームの共同出資者になる投資です。一昔前までは、据え置き型のゲームが主流でしたが、今では、誰もがスマートフォンを持てる自体になり、スマートフォンアプリの需要が高まっています。無数にあるスマートフォンアプリですが、そのほとんどが、App StoreとGoogle Playという2つのプラットフォームで完結してしまっています。

新しい分野へのチャレンジは、それ相応のリスクが伴います。しかも、これから拡大していくでろうプラットフォーム事業ですから、リスクは相当なものです。もちろん高いリスクに見合ったリターンがあることは重々承知しているのですが、投資のリスクを軽減するためには、どのような会社や、どのような人物が大元になっているかを、しっかりと把握しなければいけません。そのため、こちらの投資にチャレンジする前に、こちらの投資をしかけた企業、しかけた人物の情報収集が必須となります。

Click Holdings株式会社とは


bgs投資を仕掛けているのは、Click Holdings株式会社の半沢龍之介さんという方です。この会社名と代表者名を見ただけで、ピンときた方は、スマートフォンアプリに詳しい人物だと思います。Click Holdings株式会社の半沢龍之介さんは、巨大なお金が動いているスマートフォンアプリ業界の中でも、最重要人物のひとりとして、アジアを中心に注目されているからです。

Makuakeで話題となったチェーンレス電動アシスト自転車のHONBIKEを手掛けた企業です。プロジェクトの応援購入金額が一ヶ月強で4億円を突破したことで、世間に大きなインパクトを与えていました。そのため、Click Holdings株式会社は、自転車関連のニューカマーと思っている方も多いのですが、実は、自転車関連の事業は、いくつもあるコンテンツのひとつでしかありません。

Click Holdings株式会社では、他にも韓国や中国にあるアプリ開発のデベロッパーを、日本で事業展開をするお手伝いをしたり、逆に国内から海外へのサポートをしたりもしています。他にもトラベルビジネス、映像や音楽などのコンテンツ製作、様々なメディアを利用したマーケティングやプロモーションなども手がけています。

今こそチャレンジすべき!


Click Holdings株式会社の半沢龍之介氏が手掛けるbgs投資は、すでに事業が展開していて、続々と出資者の方からの情報が集まっている段階です。bgs投資が開始される前までは、否定的な意見が多かったのですが、実際に投資をした方からは、賞賛の声しか見かけませんでした。

BGS(Be Gaming Station) 権利収入案件スタート!

半沢龍之介さんは、新しい価値観を生み出すことに長けている人物です。また、今回のプロジェクトは、半沢龍之介さんが得意としているスマートフォンアプリ業界です。規模が大きいために、尻込みされる方も多いのですが、実際には、投資の中でも非常に優秀な内容となっていました。自分で投資することができる額を調整することができますので、先ずはお試しで、無理のない範囲でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。特に、仕事や家事、育児が忙しくて、他に時間が取れないような方にこそ、チャレンジして欲しい優秀な投資でした。