半沢龍之介氏のキャリア

会社紹介

今までは投資というと一部の資本家だけがおこなうものだったりギャンブルに近いものだったりと、どこか一般サラリーマンには縁の無い存在というのが一般的でした。しかし、終身雇用制が無くなり年金や医療保障が年々減少している現代においては資産を積極的に動かすことが一般層にも求められています。

インターネットビジネスを変える存在


半沢龍之介氏は1978年に中国の武漢市で生を受けました。その後もすくすくと成長し国が認める権威のある武漢大学を卒業するまでになりました。その後、彼はエンジニアとしての腕を磨くべく日本の足利大学へと進むのです。そこで情報工学修士号を1999年に習得した後、日本の超大手企業で腕を振るうことになります。そんな中で「GREE」という当時モバイルインターネット業界で最大手だった企業の中国統括ディレクターに就任することで、彼は大きなノウハウを得ることになったのです。

BGSは半沢龍之介氏のこれまで培ってきたノウハウが集約した事業だと言われています。オンラインエンターテイメントの総合プラットフォームサービスであるBGSはこれから世界でますます盛んになっていくオンラインゲームアプリや動画コンテンツといった様々なジャンルで注目されています。ブロックチェーンを使って透明性の高いサービス提供を行なっていることも魅力です。

具体的な内容のある投資


Click Holdings株式会社はbgs投資をするにあたって様々な試みをしています。その中でも注目されているのが福岡県中間市を始めとした地方自治体との協定です。このような協定を結ぶことによって信頼感が生まれることはもちろんのこと、今日本で叫ばれている地方再生を現場から盛り上げることにも繋がっていきます。さらに、電気アシスト自転車の開発・販売など事業の多角化も進んでおり、成長が期待できる投資だと言われているのです。

投資をする際で気を付けなければいけないのが「ポンジスキーム」についてです。これは投資者からお金を集め、そのお金でまず配当金を捻出します。こうすることによって投資者に「この事業は本当に儲かる」という意識を芽生えさせ、その後は徐々に配当金を出し渋り、最後には雲隠れしてしまうというものです。このような詐欺に引っかからないためにはbgs投資のように中身のある確実な内容と信頼性のある運営をしているかどうか見極めなければいけません。

信用あるビジネスパートナー


半沢龍之介氏のキャリアノウハウが蓄積している事業がBGSだと言われています。彼は中国の武漢市で生まれ、国の権威がある武漢大学を卒業した後、日本の足利大学で情報工学修士号を取得しました。そうしたエンジニアとしての知識や経験が総合プラットフォームであるBGSを生み出しました。日本でのモバイルインターネットサービスの中枢を管理していた彼だからこそ誕生できたBGSは今大きな注目を集めているのです。

bgs投資はClick Holdings株式会社が行なっていますが、この投資の内容は非常に具体的であり確実なものです。そのため、Click Holdings株式会社が行うbgs投資以外の投資ビジネスには注意しなければいけません。特に、ポンジスキームという投資者からお金を集め、最初は配当金を渡すが後々雲隠れしてしまうような企業には気を付けましょう。