これからの時代の中心となりうるbgs投資

口コミ・評判

これから先の日本においては投資は一般的なサラリーマンが行うものになると言われています。それは、2,000万円という莫大な貯蓄が無ければ老後破産するという金融庁からの衝撃的なデータが発表されたからです。終身雇用制も廃止される流れになっているため、自分の身は自分で守る必要があるのです。

超大物が仕掛け人


BGSとは「Be Gaming Station」の略称であり、オンラインの総合エンタメプラットフォームとして今後発展が期待されています。現在も非常に大きな盛り上がりを見せているオンラインゲームアプリなどの業界は、今後5Gが主流になっていくにつれてますます成長していくと予想されています。またBGSはブロックチェーンを搭載しているので不正や改竄を行うことが出来ない透明性が高い運営を行なっているため信用されているのです。

このBGSを仕掛けているのが半沢龍之介氏です。これは1978年に中国武漢市で生まれ、政府が認定した権威ある大学の武漢大学を卒業します。そして、足利大学で情報工学修士号を修得するために1999年に来日したのです。そのまま日本の超大手企業を渡り歩いたのち、モバイルインターネット業界ではその当時トップだった「GREE」の中国統括ディレクターに就任します。そんなインターネットの申し子のような彼だからこそ信頼できるのです。

信頼できる理由


ポンジスキームというのは、投資家から出資してもらったお金から配当を払うことで、あたかも事業で利益が出ているように見せかけることを指しています。もちろん、このような行為は長続きしないため結果的に自転車操業に陥るのです。ポンジスキームを行う事業者というのはある日突然姿を消すため、投資した分のお金は戻ってくることがありません。投資に見せかけた詐欺行為と言えるでしょう。

bgs投資はClick Holdings株式会社が実際に事業を進めておりゲームアプリの配信も数多く行われています。また、福岡県中間市と協定を結んでいるため非常に安心感があるのです。また、ゲームアプリ以外にも電動アシスト自転車がClick Holdings株式会社は好調で、「bgs投資はゲームだけ」というイメージを覆す実績になっているのです。資金調達終了予定の2021年末に換金できると言われていますが、資金調達が終了次第換金時期も早まるかもしれません。

これからの時代の中心となるサービス


オンライン総合エンタメプラットフォームの次世代版として注目されているのがBGSです。こちらは5G時代に先駆けて、オンラインエンターテイメントに市場を発掘しています。ブロックチェーンを採用しているため透明感の高さも人気のひとつです。仕掛け人でさる半沢龍之介氏はこれまで日本のモバイルエンターテイメントを引っ張ってきたいう実績を持っています。そのため、多くの人から注目されているのです。

半沢龍之介氏率いるClick Holdings株式会社が手がけるbgs投資は現在進行形でアプリがリリースされているためポンジスキームであることはありません。また、電動アシスト自転車といった業種でも成果を出しているため安心感があります。また、地方自治体と協定を結ぶなどの取り組みも行なっているため、信頼度が高いのです。そもそも、これまで知名度や名誉を獲得してきた人たちが手がけるもののため、そのような詐欺をするリスクを抱えるとは考えにくいと言われています。